スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損益分岐点その2

昨日の「損益分岐点」では梱包材のことを無視してましたね。


ごめんなさい。見落としていました。


ただ、実際にどのくらいかかっているかというと、


梱包の程度によると思いますが、20~30円程度ではないかと思います。


そのうち私の梱包について書きますね。


ただ、私のせどりの利益に関する考え方は、


個々で利益を出さなくても、全体で利益が出ればOK!!


ですので、個々の利益について細かく考えてはいないです。


例え赤字で売れても、他の売上でカバーできればOKです。


まぁ、紹介している本は利益が出ている本ばかりですが。


  500 → 1420


得意分野の料理本です。


昨日の記事から考えると、
589円(メール便2cm)+20円(梱包代)=609円


ですので、そこそこ利益が出てると思います。

スポンサーサイト

損益分岐点

今日は損益分岐点についてお話します。


簡単に言えば、「いくら以上で売れば利益が出るか」ということですが。


多くのせどらーさんはBookOffで単Cの105円本をメインで


仕入れてると思います。


さて、この105円本をマケプレで売るとき、


値段をいくらに設定すれば、利益が出るのでしょうか。



答えは「124円以上」です。
(プロマー契約なし、クロネコメール便2cm=160円のとき)


ちなみに1cmなら、「30円以上」になります。


またセールでよくある、「単行本500円セール」で購入したときは、


損益分岐点が、「495円以上」もしくは「589円以上」になります。
(それぞれクロネコメール便1cm、2cmの場合)



やはり当然ですが、仕入れ金額が安いほどはっきりと


儲かることがわかります。



ちなみに私は出来るだけクロネコメール便で発送するために、


「あること」をしています。




とは言っても、体の一部に予め2cmの部分を見つけておくだけですけどね。


例えば、「薬指の第一関節から第二関節で2cm」とか。


こうすれば、ある程度の儲けが予測できますから。


ちょっとの利益でも積み重ねたら、相当なものになりますよ。

懐かしい本

すごく懐かしい本が売れました。


おそらく高校の時の化学の参考書に使っていた


ときのものと同じ本だと思います。



   350 → 603



売れる前に一読しましたが、


かなり詳しく化学について書かれていますね。


化学を勉強したい社会人にもお勧めの本です。


写真がたくさん載っているのでとっつきやすいでしょうし。

はんこ

皆さんは封筒に住所をどのように記述しているでしょうか。


今までの私の方法は次の通りでした。


Excelで住所を入力→印刷→切り取り→封筒に貼り付け


手書きよりも楽チンで、コストが安い方法として上の方法を行っていましたが、


だんだん、めんどくさくなってきました。


で、次なる方法を検討した結果、住所用のゴム印を購入することにしました。

購入した商品はこちら↓

  ゴム印-エコウッド
    60×25mm


本当はインクが染み込んでいるシャチハタが一番楽チンなんですけどね。


値段が倍ぐらいしたので、あきらめてしまいました。


これで発送作業もさらに効率良くできます。


法律関係の本が売れました。


  500 → 1800


普通のビジネス本より高値だったので、売れて安心してます。

丹田を創る呼吸法

健康に関する本が売れました。



  500 → 1100


お買い上げは女性の方でした。


私自身は社会人になって健康管理を怠けてますね。


まだ20代とはいえ、このまま運動をしないといずれガタが来るのは、


目に見えていますが・・・・


いかんせん、ランニングなどはする気になれないんですよね…。


筋トレなど手軽な運動から始めましょうか…。

プロフィール

Polonia

Author:Polonia
職業 : サラリーマン
趣味 : ゲーム、フットサル。
目標 :毎日1冊本を売ること。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。